塾で学習に適した環境を得る

二俣川駅徒歩3分|こだわり進学塾なかざわ
小学校の高学年から中学校の間、塾に通っていました。
これによって一定の成果が得られたのは満足できた思い出です。塾では学校の授業に先んじたカリキュラムが組まれているため、予習復習が効率よくできたのが良かったのでしょう。塾での模擬試験を受けた後では、学校の定期テストはさすがに楽に感じられました。
成績別のクラス分けというのも、学校ではあまり露骨に行われないことですが、塾では普通でした。授業の進度が自分に合っているというのは大事なことなので、当時の自分にとっては環境的なニーズが十分満たされていたように思います。
とはいえ、やはり本気で学習に取り組まなければ塾でも成績は上がりません。その点でも塾は学校とは違う空間、生徒たちの顔触れであることから、おのずと勉強に集中しやすい下地が作られていたのが好都合でしたね。クラス編成がたびたび変わるため息苦しく感じられることもなく、さらに上を目指そうという気持ちに自然となっていきます。
学習に最適なこうした土台も、塾ならではのものだったと思います。

塾へ通っていた経験と思い出。

私は、自宅から離れた塾へ小学校から中学校までずっと通っていた経験があります。始めの頃は、見知らぬ学区の子達と一緒に学習するという事、学校以外でも勉強をしなくてはならない事に不安や不満も抱えていました。しかし、学校とは違った仲間や先生と接する機会ができ、小学生のうちに様々な人とのコミュニケーションを経験する良い機会となりました。また、塾での学習は宿題も多くとても大変だった記憶も強く残っています。しかし、私の通っていた塾では個人の習熟度によって、上の学年の学習をする事もでき、結果として学校では良い成績を取る事ができました。学校では、塾で既に習った事の復習や疑問点を先生に詳しく聞く余裕もでき、学校の友人からも頼られる事もありました。これらの事は、自分自身にとってとても大きな自信につながりました。塾については、賛否両論あるかと思います。しかし、勉強をやらされているのではなく、自らがもっと学びたい。勉強を面白い!と感じた時や、小中学校という限られたコミュニティの他にも視野を広めていきたいと思った時、塾を活用する事はとても有用だと、自分の経験から感じました。

高校受験のために、お寺が経営する私塾に通った思い出。

私が初めて塾というものに通ったのは、部活もひと段落して受験勉強に本腰を入れるようになった中学3年生の秋でした。
同学年の子は、早い子はもう中学2年生の頃から塾に通っていましたから、一般的に見て私はかなり遅い塾デビューだったのは確かでした。

学校終わりに通える距離で、自宅からもそう遠くない場所という条件で塾を探し、大手から個人経営の塾まで見て回りましたが、最終的に決めたのはお寺が経営している中高生用の私塾でした。
講師はなんとお坊さんで、法衣を着たまま授業をするのですが、説法でも始めそうな見た目に反して授業は非常に分かり易く、カリキュラムも私たちに負担のないもので大手の塾にありがちな「詰め込み式」のものとは全くの別物でしたね。
また、私塾だけあって生徒数も8人と少なく、そのため授業中も分からない問題をその都度質問したり、ディスカッションしたり出来たので、面白いくらいに勉強が分かるようになりました。

しかし、私の性格にはこのやり方がとてもマッチしていたのですが、他の子はやり方が自分には合わないと言ってほとんど辞めていきました。そして結局最後まで残ったのは私と、他校の男子3人だけ。
いつか生徒不足でこの塾が潰れやしないかと肝を冷やしていましたがそんな心配も杞憂に終わり、勉強の甲斐あってみんな無事に志望校に合格してめでたしめでたし!

人生で一番勉強したといっても過言ではないあの日々…。
今でもお寺を見るたびに、塾で勉強した事を思い出します。